w-jp-12

結婚指輪 Earth

K18WG, Diamond

「オーガニックなイメージで抽象的な形のリング、あとはお任せします」というオーダーでした。
とても穏やかで地に足の着いたようなお二人。最初は木の枝のようなリングにしようかと思いましたが、作り始めてみると「Earth」という言葉が浮かびました。
ちょうど「陰は女性性で、しっとりと湿った薄暗い大地。陽は男性性で太陽ギラギラの乾燥した大地。」ということを聞いた後だったので、お二人のイメージにも重なり、女性は月を抱くしっとりとした大地、男性は乾燥した砂漠のようなイメージで、リングを作りました。
二つとも18金ホワイトゴールドですが、女性はパラジウム10%の黄みがかったホワイト、男性はパラジウム20%の白に近いホワイトゴールドを使用しました。