w-jp-7

婚約指輪

プラチナ900、ダイヤモンド

メールでお問い合わせを頂き、展示の時に彼女と一緒に来るので、こっそりサイズと雰囲気を見て制作してくださいと依頼を受けました。
お花のデザインが良いということでしたが、彼女が可愛らしいだけでなく、大人っぽい雰囲気だったので、葉っぱや枝をあしらって、ダイヤを一つだけ大きくしてこぼれるような位置に配置するデザインを思いつきました。
制作段階から何度も確認して頂き、時間をかけて制作しました。
プロポーズには、ポケットからケースを出したいということで、出来る限り小さいケースを探しました。
彼の熱心な気持ちに、私もすっかり一心同体になり、私にとっても思い出深いリングとなりました。