July 2009

moments 二人展

展示が土曜日からと迫りました。

展示のことに関して書きたいと思っていたのですが、まだ制作も終了していない状態です。

展示会場に貼るコンセプトをさっき書きましたので、そのままここにコピー&ペーストさせて頂きます!

展示期間中は随時会場にいます!

きっと暇なので、皆様是非遊びにいらしてくださいませ!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「即興/響き」


10年ぶりに「使わないもの」を作ってみる。
それはずっとジュエリーを作っていた私にとって、ずっとやってみたかったことでもあり、かなりの挑戦でもありました。
「身につけるもの」として重さや形、素材などの制約があるジュエリーに対して、アートは何でもあり。
やってみたい事は山のようにあり、自分でも収集がつかないように思いました。
一体何をテーマに作るというのか?

早速途方に暮れてしまった私は、まずアトリエの改造から始めました。何が必要で何が不必要なのか知るためにも、まずはアトリエの要らないものを捨ててしまおう。と。

心を水に例えたら、水面に浮いているごちゃごちゃとした沢山の事柄(その中にはアイデアも含まれているのですが)を一度全部捨ててしまおう。
そうしたら、ひょっとしたら水の底から何かがフワ〜ッと浮き上がってくるかもしれない。「でも浮き上がらなかったらどうしよう」という不安さえも手放せるように。とにかく全て白紙に。

湧き水はどこから流れてくるのか。源泉を辿る旅。

掃除も終盤の頃、「スケッチ」という言葉が頭に浮かびました。
普通、アイデアはスケッチされて、更に現実的なものへとそのデザインを変えて、作品となるわけですが。
実はスケッチの段階が一番「源泉」に近いのではないかしら。
今回はその「スケッチ」は一切せず、制作自体でスケッチしていこうと思いました。

「企まない形」
「即興で、ただ無心に作る。インスピレーション、直感だけを頼る。」そんなことをしたら、一体どんなものが出来るのだろう?それは一番自分がやってみたいことのように思いました。

それから「響き」という言葉が浮かびました。
全てのものは音を奏でている。耳には聞こえなくても。
だから「響き合う」ように。自分の心。作品と自分。環境と自分。環境と作品。
粘土で即興で形を作り上げながら、「響き」だけを意識しました。その作品がどんな音を出しているのか。どんな音楽を奏でたいのか。その音をそのまま形として引き出してくる。。。

「何かを表現する」のではなく「ただ素材と形と響き合う」。
「響いていれば、それが答え」

それは、作るというよりも、形の現れを待つというような感じでした。
手を動かしながら、風を感じながら、リズムを整えながら、透明な心でいること。
思わく、計画、企みを一切捨てて、ただただ純粋な心になるという作業。
それで、どんなものが出来るのかは、出来た時に初めて分かるのです。

最初にデザインがなく、心の現れとして、最終的にデザインに辿り着くということ。
それは、何よりも自分にとっての癒しのような行為でした。

そして、半磁土で出来た白いオブジェに、インスピレーションの赴くままに彫金を乗せました。

Moments という展示のタイトルは、鄙里さんと二人で考えたものですが、私の場合、その瞬間瞬間の響きを形にしようとしたという意味でのmoments、それから、出来上がった不思議なオブジェが持つそれぞれのmoments。

今展では、「即興/響き」をテーマに制作したものを並べてみました。
オブジェ5点に、インスタレーション、3点のジュエリーは音楽を聞きながら即興で制作したものに、新たに絵を加えて額に入れました(おでかけに連れて行けるアートとして)。それから日々思った事を書き留めているメモ群です。

偶然の集まり 2

newsには既にUPしたのですが、7/25(土)から8/2(日)まで木工作家の鄙里沙織さんと一緒に、自由が丘のインギャラリーで二人展をします。

鄙里さんとは、予備校時代からの親友です。16歳からお互いを知っていて、大学の時も近くに住んでいて殆ど一緒に生活していたような、何もかも知り合う仲という感じです。

あと10日ほどで搬入なので本当に追い込みなのですが、風邪をひいてしまいました。

今日は朝からベットの中です。

制作するには頭がぼんやりなので、ブログを書くことにしました。(それにも頭がぼんやりですが。。。)

陶と彫金を組み合わせてオブジェを作っています。

シルバーと陶。それって合うの?と聞かれたりしますが、自分でもまだやってみてないので答えは分かりません。


そもそもアート作品を作りたいとぼやきながら、何年も経過していました。

ジュエリーを作り始めて、ジュエリーとして喜んで頂けるようになって、それで良いのだと思わないと。好きなことをやっているのだから。と自分に言い聞かせて来て、もうちょっとジュエリーで世界観を!アート作品を作ってみたいという気持ちはジュエリーからの逃げなんだ、きっと!と頑張っていたのですが。

去年の11月頃、ある出会いがありました。

とあるジュエリーデザイナーの方とお食事に行き、何故かそこで私は初めて自分の本音と向き合うことになってしまったのです。

「ジュエリーを作っていられて心から幸せ!」という言葉に、素直に「私も!」と賛同出来なかったのです。

そして、賛同出来なかった自分にとてもつもなく驚きました。幸せだと思っていたので!

かなりうろたえました。

私は「そうですね」と言うつもりで、「そうですか?」と言っていました。その答えに一番驚いたのは自分自身で。

「あなた、幸せじゃないの?」と驚かれ、更にうろたえました。

「あれ?幸せだと思ってたんだけど。私、幸せじゃないの?」と心の中で疑問が一気に流れ出しました。

泣き出したい気持ちでした。

「私、ジュエリーじゃなくて、純粋にアート作品を作りたいっていうのがあるんです。」と言いました。

それも、そう答えてる自分を上の方から見ているような感覚でした。

「えー!そうなの?」と天井から自分を見ている自分は驚きました。

「じゃあ、どうしてやらないの?」と、その方は言いました。

そこにはどうやら、ものすごく複雑な感情が沢山あって、何を言っても言い訳のようだなと思いました。


その次の日、鄙里さんの展示を見に行きました。

区切りが良いからとギャラリーの近くに一緒にランチに行き、私は昨日の出来事を話しました。

「そんなのあさぎ、簡単だよ。展示がないから作らないんだよ。一緒に展示やろうよ!ジュエリーじゃないあさぎの作品、私も見てみたい!」

と言ってくれました。

そっか!そうだね。今までジュエリーの展示に追いかけられて、全然それ以外の物作る暇なかったものね。時間は作らなきゃいけないね!

ということで、二人の都合の良い時期、つまり今回の7月に展示をやろうと、その場で決めました。

ただ場所はどうしよう。初めてのアート作品で企画してくれるギャラリーなんてないだろうし、貸しギャラリーだと値段も高いし、でも喫茶店とかじゃ無理だし。。。
なんて二人で、ウーンと考え込んで、ちょっと探してみようねってことになりました。


その次の日、私はインギャラリーの中西美香子さんとご飯に行きました。
インギャラリーは、私が初めて日本でジュエリーの個展をしたギャラリーで、世田谷の閑静な住宅街にある、とても素敵なギャラリーなのです。
中西美香子さんのお母様がギャラリーをなさっていて、彼女自身は年も私と同じくらいでフォトグラファーです。
個展の時以来、とても仲良くなって、展示のDMの写真なんかは彼女がいつも撮ってくれています。

お互い忙しいので、年に数回しか会えないのですが、ちょうどその日が彼女と延期に延期を重ねたご飯の日でした。

家を出る前に私はハッとしました。インギャラリーがある!

すぐさま、鄙里さんに電話をしてみると、「あさぎの個展の時行ったけど、あの空間大好き!あそこで出来たら最高だね!」「そうだよね!ちょっと、話してみるから!」

そして、ご飯で早速その話をすると、

「面白そう!7月にギャラリーが空いているか、母に聞いてみるね。どんなものが出来るか、全然想像出来ないけど、あさぎちゃんの作品、見てみたい!」

と言ってくれたのでした。

そして、後日みかさんから電話があり、

「7月の終わりならギャラリー空いてるけど、それでいいかしら?そして、私がこの展示をキュレーションすることになったから、よろしくね!」

ということで。

なんと3日で全てがセットされてしまった展示なのです。


3日前に、初めて自分がジュエリー以外のものを作りたいと思っていることに気がつき、3日後には展示の日程まで決まってしまっている。

なんとも、物事が決まる時のスピードの早さには驚きです。

躊躇している暇もなく、「やれ!」と神様に背中を押された気持ちでした。

そして、このホームページにも、当初「other works」の欄は無かったのですが、急遽作る事に。

しょうたくんには「other worksに、いかに夢を託しているか、この風船たちからも想像出来ますね!」と言われてしまって、ちょっと恥ずかしい気持ちでした。


さて。何故、陶をやってみようと思い立ったか、展示のコンセプトなども書きたかったのですが、かなり熱っぽいので、ベットに戻ります。笑

まだ作品出来上がっていないので、早く治して、ラストスパートかけたいところです。

偶然の集まり 1

さて。新しいブログで、初めての日記です。

euphoriaとorganic stereoのことを書こうとずっと思っていました。

ずっと、ずっと書きたかったのですが、それは新しいHPが出来てから!と思っていたのです。

euphoriaというのは、私の大好きな日本のインディーズバンドです。そして、organic stereoというのは、euphoriaのvocal&guitar、森川裕之くんのソロ名義です。

そして、何を隠そう(何も隠す必要はないのですが)このホームページは、euphoriaのbass、佐藤昭太くんが作ってくれたのです。(拍手)


去年の秋。

私は大失恋をしました。(突然の展開で、すみません。)

いつか、ものすごい失恋をする日が来るのではないかと高校生の頃から思っていたのですが、心のどこかで予測していたのか、それともそんな事を思っていたからそういう結果になってしまったのか、そこらへんの宇宙の法則は分かりませんが、私がずっと恐れていた辛い恋を経験しました。

とにかくそれで、私は真っ暗闇に落ちてしまい、何も先が見えず、完全に自信を喪失して、自分を責めて、ボロボロになっていました。

不思議なもので、そんな時には誰からも連絡もなく、10日間。

個展の直前で制作をしながら、様々な気持ちに押しつぶされそうになって、書かずにいられず、10日でノート1冊分書いてしまいました。
(辛い気持ちは、どんどん書き出してしまうのです。)

そして、10日目。今でもよく覚えているのです。

mixiのとある音楽コミュからリンクで飛んで、myspaceでorganic stereoを試聴しました。

突然と聞こえて来た子供たちの声。

そして、ギターのフレーズが始まった途端。私は光の中にいました。

child's view という曲。そのままのタイトルの通り、子供の頃のキラキラの世界そのままの音。

私は、その光の中に包まれて、優しい大地に包まれたように、自分が愛されている事、地球がこんなに優しく暖かく美しい場所だということ、そして、この世界に光の子として生まれて来たんだということを思い出しました。

この音楽は神様の贈り物だとしか思えない。

私はその音の中で完全に癒され、闇は消え、自分の中にキラキラの光の粒子がどんどん溜まっていくのが分かりました。

iTUNEでorganic stereoのCDを即購入して、何度も何度も何度も聴きました。

自分の心の光が消えてしまわないように。


そして、organic stereoのmyspaceから、euphoriaのmyspaceに飛びました。

euphoriaのmyspaceには、過去に何度も辿り着いていて、自分の好きな音楽を辿って行くと、ここに辿り着いていたのです。
それに、去年の夏にライブハウスでもらったeuphoriaのフライヤーの写真が印象的で(後に、このHPを作ってくれた昭太くんが撮った写真と分かったのですが)、とてもよく覚えていました。

なので、ここでの再会はかなり強烈なものがあり、euphoriaのCDも即購入。

organic stereoが、横に伸びて行く水平線の音楽ならば、euphoriaは、縦に伸びて行く垂直の音楽。

euphoriaの音楽を聴いていると、頭の上から一本の細い細い糸が伸びて行って、天まで届き、そしてまたそこから何かが降りてくるように感じるのです。

この音楽は祈りだな。といつも思ってます。

上と繋がる感覚が強く強くあります。そしてどこまでも深い青い空のような透明な音です。そして、ただ透明で繊細なだけではなくて、心の激しさもここにはあります。

人は誰でも、「美」に関する自分なりのイメージがあると思うのですが、euphoriaの音楽は、私の中の「美」と強くリンクしていました。

繊細なのに、強くて、透明で純粋で、まっすぐに伸びて行く。張りつめた空気、深い青色。密かな気配。でも内側ではとても激しく。でも、外側はピッと立っている。そこには気品が漂う。

(多分、その品、というのが格段に他の音楽と違うと感じる部分なんではないかと今思いました。)

いきなり自分の人生のテーマソングを見つけてしまったような感じでした。

こんな風に生きていたい。というのは、こんな作品を作りたい。こんな人のためのジュエリーを作りたいというのとも、深く繋がっています。

それからが色々と不思議でした。

偶然が重なって、昭太くんと知り合い、彼が写真家でもあり、ウェブデザイナーでもあることを知って、このホームページを作ってもらうことになりました。

彼は本当に素晴らしいデザイナーで、私が言った事をすぐに形にして見せてくれるので、一緒に仕事をしていて、とても爽快で楽しかったです。


人生は「もしあの時。。。」を辿って行ったらきりがないほど、不思議な偶然の集まりです。

そんな偶然の集まりを、驚くほどいくつも経験している最近なのですが、このホームページもそのうちの一つなのです。

展示が近いのもあり、jewelryのページがまだきちんと出来上がっていないのですが、とりあえず新しいwebsite openです。

これから少しずつきちんとUPしていきますので、よろしくお願い致します。

organic stereo myspace 試聴
organic stereo official website

euphoria myspace 試聴
euphoria official website

web designer 佐藤昭太くんのwebsite

過去のブログへは。。。

website と一緒に、ブログも新しくなりました。

過去のブログへは、このページの右上に小さくある ex-BLOG というところをクリックして飛んでください。

ココからも飛べます。